スタッフの紹介

志賀郷田舎手作り三土市はスタッフのボランティアで運営しています。

仕事の手を止めて準備や裏方にまわるスタッフのせめてもの償いのために

スタッフ同士で褒め合おうってコーナーです。

よろしければ、目を通してくださいね。

 

志賀郷手作り市実行委員会代表・井上吉夫

代表・井上吉夫
代表・井上吉夫

職業:米農家(かかりつけ米農家 井上吉夫

作っているお米は20町以上!

「自分の作ったものは自分で売ってなにが悪い」をモットーにお米を自主流通できなかった頃から、すべてのお米を自ら売っています。

お客さんの「おいしい!」の一言のために 今日も安心していただけるお米を作っています。 

作っているお米はコシヒカリ(除草剤一回のみの超低農薬)

ご注文は 、tel 0773-49-1356    fax 0773-49-1124

年齢:内緒

出身地:地元!志賀郷

 

 

 ある地元のお祭りで井上さんが「ココなら大丈夫かもなぁ~」と言っていました。様々な問題が騒がれている現代において、その言葉の持つ意味はとても大きく、志賀郷に移り住んできた僕に安心を与えてくれました。

 井上さんは志賀郷のすべての人の笑顔のために動いてきた人と思います。住人みんなが楽しめる、トラクターをデコレーションして街灯も無い村を走る“志賀郷サンタパレード”(14年間続いています)。米の産地なのに給食のパン食はおかしいとはじめた小学校での米つくり!。担い手農家の育成や援助(何人もの若いお百姓さんが井上さんにお世話になっています)。子供のいる家庭のみに焦点をあて移住者を募った子供と古民家をつなぐ“コ宝ネット”(子供を持つ家庭の移住者がどんどん増えてきています。)、自分で作ったものは自分で売る事が村の元気の秘訣という事でつくったラジオ番組“田舎元気になぁ~れ”等など・・・。そして今回、町の子供達が元気に田舎で遊べるように!地元の人や移住者がもっともっと元気にお仕事をできるように!と企てた“志賀郷田舎手作り三土市”。

 井上さんの視線は、次の世代まで注がれているようです。

              (インタビュー:ハタノワタル) 

広報・四方英喜

広報:四方英喜
広報:四方英喜

職業:米農家(里山だより)

作っているお米は10町以上! 10年前に脱サラをし、井上さんに弟子入 り。一から米作りを叩き込まれました。

持ち前の営業センスを武器に作ったお米すべてを自主流通しています(収量を穫る作りは、実に下手です・・・      本人談)。

「人生の楽園」出演で知名度は上っています。(生活レベルは上がっていません、まだまだ人生の楽園を前進中です・・・本人談)

作っているお米は無農薬コシヒカリ・減農薬コシヒカリ(除草剤一回のみ使用)

ご注文は 

   tel、FAX 0773-49-9026   

年齢 :55歳

出身地:綾部市内の都会

HP :http://satoyamadayori.jimdo.com/

ブログ:http://blog.livedoor.jp/farming0704/?blog_id=2183925

 

里山じじぃ
里山じじぃ

 おもろいおっちゃんです。が、お仕事ではなかなかのやり手。師匠井上さんの意思を継ぎ、自分で作ったものは自分で売る事を徹底しています。これも大手 ジーンズメーカーのエドウィンの営業で培ったセンスですね。売りたいと思うところに自ら飛び込み販路を拡大していこうとする姿勢は、これからの農業に必要 なこと。畑違いの私もよく助言を頂きに行っています。(が、脱線する、おもろいおっちゃんです)

 米作りにおいても、暦を大切にした米つくりや、無農薬栽培の取り組み、酒蔵とのコラボなど、常に挑戦し続ける姿には脱帽です。家族総出で農作業する姿を 見ていると“里山だより”という名前がしっくりときます。

 お米には里山じじぃ(英喜さん)のお便り付き!好評です。

         (インタビュー:ハタノワタル)

広報・創る和紙職人ハタノワタル

頭に東京タワーを生やした男
頭に東京タワーを生やした男

職業:黒谷和紙漉き師(京もの認定工芸士)

和紙を作る傍ら、和紙での内装、アート、グラフィック デザイン等、主に表現活動を通じて綾部での暮らしや和紙のことをアピールしている創ることのめっちゃ好きな和紙職人です。

17歳の時、故郷淡路島の海で夕日を見ながら表現をすることで生きていくことを誓いました。

三土市ではチラシ、新聞広告、HPのデザインを担当。

年齢:38歳

出身地:淡路島(兵庫県)

HP   http://www.hatanowataru.org/

ブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/aaawtaaa

Twitter  https://twitter.com/hatanowataru

 

 

 

今後の活動報告

5月5日    茨木音楽祭2010「鑑賞の森」出品

       http://www.ibaon.jp/

5月8日9日    フィールドオブクラフト倉敷

       http://www.field-of-craft.com/index.html 

5月29日30日  クラフトフェアーまつもと
       http://matsumoto-crafts.com/
       ハタノワタルとハタノユキ2ブース出店です。
7月      カフェドグラス(岡山)
           http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/index.html
9月         日日(山口)
           http://www.sotown.com/nichinichi/

11月3日-7日 木と紙と古いもの(綾部)

       http://www.hatanowataru.org/

 

三土市のチラシは彼の力作です。

何だかハニワに見えてしまうのは、私だけ?

               (コメント 里山じじぃ)

市担当・水田裕之

水田さん
水田さん

職業:水田家の食卓(農業と加工品)

自然農での野菜つくりに定評があり、その加工品にはコアなファンもたくさんいます。

ウーファーなどの研修生もひっきりなしに来ていて、水田裕之・さかえ、うさきちゃん(0歳)のゆるキャラになぜか皆、癒されているようです。

知恩寺の手作り市の常連で、いつも朽木のはるやさんとお店を出しています。

三土市でもお店を出しているので、皆さん癒されてください!

三土市では、今まで養ってきた経験を元に会場のデザイン・運営をしています。

年齢:40歳

出身地:京都市内

紹介:http://www.ryokudo.net/human/mizuta/index.html

 

 

人々の癒しのために生まれてきたんとちゃうかな?宮沢賢治にあこがれて岩手大学農学部に進学。そこで教員の資格も取り、今現在、綾部高校の教師としても、週1日非常勤講師をしています。百姓ミュージシャンをひそかに目指してて、今「みんなの歌」に出るため、特訓中!

             (インタビュー:ハタノワタル)

市担当・中村明弘

中村さん
中村さん

職業:土恋処(どっこいしょ)農園代表、農産物と加工品

自然農を家族で取り組んでいる中村家!その畑はきれい、丁寧!そんな農業をしています。

中村家の野菜や加工品はほんまにうまい!

毎月大阪・池田の「手仕事やばんまい」さんでの朝市をはじめ、各地の手作り市に定期的に出店。完成されているのに、やさしい手作り感が漂う土恋処の商品には関西にコアなファンがたくさんいます。

三土市では市担当として、会場のデザイン運営をしています。また、手作り市出店がはじめての方にも適切なアドバイスをしています。皆さん気軽に声をかけてくださいね。

年齢:38歳

出身地:大阪

 

 

志賀郷に引越ししてきて、まだ日が浅いのですが、頼りになる中村君!農作業に大工仕事、土木作業に引っ張りだこ!ほんとに真剣に作業をしてくれるので、ありがたい存在です。こんな人がどんどん増えていったら、志賀郷おもろなるでぇ~。

子供手作り市に出店している息子ひなたんのイノシシの置物に心奪われた~。早くもファン続出!ええセンスしてるわぁ~

             (インタビュー:ハタノワタル)

市担当・竹原由海子

竹原さん
竹原さん

地元、志賀郷出身。

 

服や小物作り、餅、惣菜作り等を得意とする由海子(ゆみこ)さん。

 

メンバーへの気遣いは細やかで、地元ならではの目線で意見もしっかり出してくれます。

 

市では「cofucofu」の屋号で古布小物を出店しています。

どうぞお立ち寄り下さい、そして気軽に、『ゆみちゃん! 』と声もお掛け下さい。

 

イベント担当・鳥居麻夫

鳥居さん
鳥居さん

志賀郷にIターンしてきた鳥居さん

現在志賀小学校のPTA会長なんです。

絶対的な信頼と知性を備えた頼れる兄ちゃん!

 

柔らかい物腰としっかりとしたコンセプトで

三土市のイベントを引っぱってくれています。

 

イベント担当・金田 克彦

普段は、古民家再生に身も心も全力投球、大』建築 大工の金ちゃん

 

大工は生活すべての相談者でもある。

勉強熱心で

仕事熱心

遊びも熱心

何でも熱心

 

家のことなら任せてください。

三土市スタッフ一同、信頼している大工さんです。

 

 

スタッフ・石井 浩宣

元、京都・寺町京極の衣料品店フロアー長。

 

そして、平成21年6月に志賀郷参入し、今は重機を持参した土木建築請負人です。

3児の女の子のパパでもあります。

 

土木全般なんでも行います。

仕事の依頼じゃんじゃんお待ちしてます。

 

綾部市別当町荒神前37

090-1597-9968(石井)

 

よろしく!

 

 

 

 

市担当・佐々木清次

佐々木さん
佐々木さん

普段は静かですが、心は誠に熱い佐々木さんです。

広報・小池 靖

ガラス工房 トノノ代表の小池靖さん。

そして、奥様は漆職人です

スタッフ・大倉 敏三郎

元、大阪・福島の花屋さん

『生産・販売する花屋さんに成りたい』と志賀郷に移り住んだ、大倉 敏三郎さんです

スタッフ・大黒 文夫

・ブドウにめちゃ拘る農家、元ホテルマンのオーグロリア農園代表・大黒文夫さん

市担当・竹原友徳

竹松うどん店店主

三土市は会場から徒歩5分の所でうどん屋営業しています。

当日は朝早くからスタッフとして動きまわってます!!

三土市見た後はうどん食べに来て下さいねーー。

http://mensoule.seesaa.net/

広報担当・竹原 妙

竹松うどん店の嫁やってます。

「竹松」の名前でブログアップしてマス。

トントン馬車チケットも制作しました。

ハタノワタルさんの和紙に一つ一つハンコを押して作ってるんですよ。

贅沢な仕上がりです。

 

気になる方はぜひ乗ってみてくださいね!