創造する力+想像する力+コミュニケーションする力

「創造する力+
 想像する力+
 コミュニケーションする力
 京都府全域にまたがるゆるやかな
 アート・ネットワークを目指して
 第1回フォーラム」
http://kyoto-cicn.jp/


というちょっと長いめのタイトルのイベントで
各地からの現状報告及び提言という枠で
少しの時間しゃべらせていただきます。


今年からはじまる「志賀郷田舎手作り三土市」

(言いだしっぺはかかりつけ米農家の井上吉夫さん)
http://sigasatosando.jimdo.com/
のことなどをしゃべらせていただけたらと・・・。



ココ何年か、表現ってなんやろ~?
って自問し続けてきました。
何か大地とつながること
自分以外の人の喜び
とか
・・・・
なんとなく、アートとか表現って自分のためにあるものだけではなく
現状報告とかでもなく(世の中のほにゃららを表現とかの類ではなく)
なにか、そこにビジョンを与える
ような
そんなアートを見つけたいと思っています。

っで、最近気がついたのは
やっぱり人がいて、人の輪があって
その中のひとつの役割として表現ってあるのが
いいのかも。
だから、アートで今の志賀郷の元気を表現するお役に立ちたい
って思うんです。

近所に向田観音さんって観音さんがあって、
そこの建物の中の天井には近所の各地域から集まってきた
花の絵が描かれてあって
やっぱり、そこにはそれぞれ地域には絵の達者な人がいて
なにかとても豊かな世界があったのかな?
って想像できるんです。









「地域はアートの力で
 もっともっと魅力的に
 そして面白くなる。」

とサブタイトルにありますが

アートの力って何よ?
って言ってみる。
アートって潤滑油?
少なくとも、今目指しているアートはそんなところです。



「創造する力+
 想像する力+
 コミュニケーションする力
 京都府全域にまたがるゆるやかな
 アート・ネットワークを目指して
 第1回フォーラム」
http://kirarikanbayashi.web.fc2.com/
2010年3月28日 午後2-6時
京都文化博物館・別館ホール
参加費無料!

 

 

 

    (ハタノワタル)