2011年

7月

22日

森のおむすびマーケット

先日ご紹介した7月31日

和知・道の駅「和・なごみ」

で上映する

「ミツバチの羽音と地球の回転」

 

もう一つのイベントとして

京北で人気の「森のおむすびマーケット」もやってきます。

http://omusubi.keihoku.jp/

 

 

森のおむすびマーケットは

食と人と手仕事を結ぶとてもやさしいマーケット。

でも、目的は明解!

・・・・HPより」ちょっと抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【趣旨】
▲キーワードは、暮らし、環境、むすび
おむすびマーケットは、より安全で環境に配慮された地産地消と手作りの暮らしを応援します。マーケットを通じて出会った【生産者】【手づくりの食品を作っ ている人】【工芸品を作っている人】【お客さん】を相互にむすびたい。そしてそこで生まれる交流や出会いによって、食や自然環境に対する意識変化や情報交 換を活発にしていけるような創造的な場を提供してマーケットによる新たな文化の創出を目指します。

▲むすぶ、互いに、いい関係
たとえば無農薬栽培農家と手作りジャムを作っている人の場合。農家は規格外品や完熟品を売る事ができ、ジャムの作り手にとっては品質のよくわかったものを 購入することができるといった、互いにメリットのある形で、より安全でクオリティーの高いジャムをお客さんに提供できるようになる。マーケットでの交流に よって、よい変化・交流の場が生まれて安全で環境に配慮された社会にしたいと考えています。

▲主体はみんなのマーケット
おむすびマーケットは趣旨を理解していただいた人たちが自由に交流してもらえるような場・環境を整えること。出展者個々の自由な意思による自然な交流を目指します。

▲手作りの暮らし始めよう
環境に関心のある人、食の安全や地産地消に興味のある人、手作りの暮らしにシフトしたい人、手作りのものを作る人、田舎暮らしや自給自足をしている人、無 農薬栽培農家、無農薬にシフトしたい農家さん、手作り加工食品を作る人、国産小麦・天然酵母のパン屋さん、郷土の味を受け継ぐおばあさん、自慢のレシピを 持ったお母さん、とにかく面白そうなことが好きな人などなど。みんなそれぞれの立場で参加して、楽しみながら、共に暮らしのマーケットを作りましょう!
未来につながるよりよい社会を夢みて。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

目に見えない放射性物質が全国に拡散していく中で

より安心できるモノを手に入れるのは消費者として考えていかなくてはいけない時代到来!

と書けば、堅いのですが

要するに、作り手の見えるモノを買って

たのしく暮らしをつくっていく

ってことです(まだ、堅いかな???)

 

7月31日の森のおむすびマーケット出店者情報は以下のサイトをチェックしてください。

一部紹介されていますよ

http://omusubi.keihoku.jp/%E7%AC%AC%E5%85%AB%E5%9B%9E%EF%BC%882011731%EF%BC%89

 

 

 

三土市にいつも出店している

スタジオワン

ままや

お山カフェ

SLOW PUNK

Soma Coffee

畑カフェおいしい

私、ハタノワタルも出店しています。

 

 

和知と言えば、山と川です。

道の駅には地元野菜わんさかです。

北大路魯山人も絶賛の和知の鮎も道の駅で焼かれています。

川が流れていて、気持ちい風が吹いてきます。

ライブもあったりします^^

 

 

7月最後の日曜日

「森のおむすびマーケット in 和知」で会いましょう

 

 

出店者も募集中ということなのでこちら↓からお申し込み下さい!

http://omusubi.keihoku.jp/event

 

 

 

 

尚、このイベントに三土市から

竹松うどん

ハタノワタル

賛同しています!!

 

 

 

 

(ハタノワタル)